* Free talk *

日が短くなって夕方5時前後には辺りが暗くなるようになりました。ちょうどその頃、実家の近くの小学校の北側にある畑の前を歩いて

いたら視覚の左下端に小さな黒い影が走りました・・・最初は目の錯覚かと思ったんだけど、それは小さな黒い子猫でした。小さな畑の淵で

「ミャ〜」と泣きながらこっちを見ていました。しゃがんで手を出すと畑の柵を潜って道路に出てきて僕の手に体を擦り付けてくる。

外したipodのイヤフォーンをもう一度耳にねじ込んで家に向かって歩き始めると、子猫は僕の足元を一心不乱に駆抜けていく。

悪い気がしないまま二人で小学校の北側の道を颯爽と歩いていく! 良いのかなと思いつつも自分の後を追い掛ける子猫を愛しく思い

その影を目で追いながら歩いた。小学校の角を左に曲がった所にミニチュアダックスフンドの「マイ」ちゃんがいた。飼主のおばちゃんと

もう一人のおばちゃんが立話をしていた。子猫は僕が角を曲がったのについて来てマイちゃんを見た途端に全身の毛を逆立ててその場に

立ちすくんだ。飼主のおばちゃんが何か口走ったので慌ててイヤフォーンをはずした。上手く会話が出来なかったけど子猫はそこから

畑の方へ戻って行ったようだった。たぶんマイちゃんがいなかったら実家までついて来ていたんだろうなぁ・・・

でも家までついて来ても実家にはミニチュアシュナウザ−の「ミル」がいるので大騒ぎになっていただろうな・・・猫と言えば

週に何回か行く某公園に猫が数匹いて、そのうちまだ子供の猫が一匹いるんだけどとってもすんごく可愛いんですよ◎◎◎◎

体を擦り付けてきて頭を手に絡めてきます。ジッと見ていると遠くから雀を観察していたり、花や蝶と戯れたりなんか一人の世界に

入り込んで遊んでいます。上の写真は公園の大人の猫です。大人のこいつらは遊ぼうと思っても「ふん、よせやい」といった調子です。

同公園でリフティングの練習をしている若者がいたんだけど、やべっちFCの宿題に出されそうな技を連続で決めて素晴らしかった☆

こういう競技があるのかね? 特に座ったままやる技の連続やジャンプしたり逆立ちをしたりを組み合わせてのリフティングが凄い。

外人さんの団体が公園の滝や都庁を写真やビデオに撮っていたんだけど、そのうちこの若者の周りに集まってきてカメラやビデオで

撮りはじめた。徐々にその外人さんの輪は小さくなっていき若者を取り囲んでしまった。報道陣のインタビューを受けている感じに

なっていた。彼のパフォーマンスを賞賛したり質問したりしているようだった。確かにかなりのハイレベルだと思いました◎◎◎◎

今月の頭に中学校時代の友達二人と何年ぶりかで会って飲んだ。一人はこのフリートークの第1回目の話にも出てきたB氏で今も

レース関係の仕事をしている。若かりし頃のあの片山右京と会った時の話です。確かその時の僕は長髪で髭を伸ばしていたから

グラフィック展に応募してた頃で27年前の話ですね。賞をいただいた和洋折衷の作品を見てアートディレクター達にトリップや

クスリの世界とかサージェントペパーズロンリーハ−ツクラブバンドとか言われたんだけど「グランドハイツじゃん」と言ったのも

B氏でした。彼は今、富士スピードウェイの近くの御殿場に住んでいてお母さんが元グランドハイツの光が丘に住んでいます。

その時のフリートークは右をクリックしてくださいね。第1回目の話をどうぞ。グランドハイツの話(2004/4*14のところ)

よく使わせてもらうのは彼のお父さんの話でフリートークでも書いたかなぁ・・? 彼のお父さんはパンを作る機械を制作していた

んですが、同じパンを作る機械でも地域によっては全然違ってしまうらしくて同じ東京でも下町と山の手では違っていて、下町では

パンに味がついてないと売れないし山の手ではパンに味がついていると売れないんだそうで、それは下町はパンだけ食べるからで

山の手はおかずの料理といっしょに食べるからなんだそうです。(現在はわかりません) だから機械を少し調整して2種類作らないと

いけなかったという話をすると皆「あー」とか「へぇー」とか「ほぉー」とか感心したり納得してくれたりします。

もっとレースの事とか沢山聞きたかったんだけど、どうしても昔の話になって時間が足りなかった。F1ブラジルGPはマッサが

母国でポールトゥウィンで優勝したけど、最終ラップの最終コーナーでグロックを抜いて5位に入ったハミルトンが年間最年少での

王者を決めた。6位だったらマッサがチャンピオンになっていたので劇的なラストでした! 僕はその時TVつけたまま深い眠りの中で

たが・・・そしてもう一人の友達は数々の逸話や伝説?を残してきたT氏。フリートークの第2回目の話でバイエルンミュンヘンと

日本代表の試合を枯れた芝生でぬかるんでグチャグチャの国立競技場へいっしょに見に行ったのが確か彼だったと思います。

40代から東京都のシニアサッカーリーグに参加しているらしく50の現役サッカー選手です。現在このシニアリーグは遊びでなく

勝敗にこだわった真剣勝負らしいのです。元Jリーガーや元日本代表メンバーもいるし僕らの時代の高校サッカーの先輩や同級生

当時現役だった芸能人なども参加してる。T氏はT高校OBなので後輩の木梨憲武や先輩や同級の懐かしい名前がいっぱい出てきて

僕のH高校OBの先輩や同級生もたくさん参加してるらしい。前にフリートークでも書いた現日本代表キーパーコーチの加藤

好男や懐かしい横山賢太郎(彼は1年の時同じクラス)・・・まるでタイムスリップしたかのような話だった。Tのチームは1部

リーグで東京都の優勝を争うトップクラスなんだそうだ。まあ現役時代は全国のトップレベルだった埼玉のU南高校とT高校の

混合チームって言ってたから不思議ではない。U南は田嶋幸三 日本サッカー協会専務理事がいる。T氏は広告代理店を辞めて今の

仕事は詳しくは知らないけど子供にサッカーを教えたりしてるらしい。彼は高校時代にいっしょにしてたバイトの話をよく人に

するらしい。実家の近くにある親戚の家に昔シイタケ農場があってそこでTと二人で高校の夏休みにバイトした事があった。

Tはナナハン(750cc)バイクのローンの為、僕はステレオコンポを買う為に頑張った。そういえばTとは当時の後楽園でもバイト

して(何のバイトだったかは忘れたけど・・)控え室みたいなとこでTにゴキブリを投げつけられたのを思い出した。ドヒャ

友達のBとTは13才くらいから知っているので37〜8年前の事とかでも一気にタイムスリップして思い出す。意外と覚えてる

んだよね、この頃の事は。むしろ1週間前の事を忘れてたりする・・・Bとは中学、高校6年間いっしょだったしTは中学時代

サッカー部でいっしょで彼はキャプテンだった。中3の時、同じクラスになって仲良くなり教室の後ろで木枯らし紋次郎

を何故か二人で描いたりしてた。今思い出した。ある時、一番後ろの席だったんだよね。二人が。実家でギター2本で初めて

アドリブで弾き合ったのもTだった。確か明星の表紙が山口百恵だったやつを僕が持っていたらジム・クロウチのアルバム

LP2枚と交換してくれと言ってうれしそうに明星を持って帰った事もあった。二人との思い出はやはりグランドハイツで3人で

よくボールを蹴った事だろうね☆ 後、今回は来れなかったけど同じ中学時代のサッカー部でいっしょだったS氏は出版社に

いて何回かいっしょに仕事をさせてもらいました。「はじめての精神科」「患者の声を医療に生かす」などです。

もうキリがないですね。話が尽きないので話題を変えます。マラドーナがアルゼンチン代表監督に就任しましたね。アルゼンチン

はどうなるのでしょう? ブラジルもドゥンガ監督たいへんですね。岡田監督も。CLはユベントスのデルピエーロに痺れました!

今回はまた特別に長いフリートークですね。でも更に続きます。先週、姉夫婦の家に遊びに行って来ました。お昼からビール

やワインをいただいて3時過ぎ位に仕事から帰って来た姪のHちゃんに呆れられた。linksの義兄のブログ日仏米・三国誌には

フランス時代のワインの事がたくさん書かれています。今回いただいたワインはボルドーって言ってたかな、確か。アルコール

が入った為、普段あまり人に話せない状況なので吹き出したように話しまくりました。すんませんS義兄、H姉。でも楽しかった

です。ありがとう☆ ハロウィンに新宿区の姉夫婦が住む辺りで仮装した子供達のTrickersに犬のチョコを散歩させてた時に

遭遇した話を聞きました。物騒な世の中ですが日本にも少数ですがいるんですね。ニュースで外人の仮装した連中が電車で

大騒ぎして問題になっている事を伝えていました。射殺された事件もありましたね・・・子供達がいつまでも安全にキャンデ

ィーやお菓子を貰えると良いですね。でも、 それどころか日常の食品の安全性すら危うい時代になってしまいました・・・

先月は元奥さんの誕生日や母親の誕生日がありました。↓下の花は元奥さんに送ったアレンジメントしてもらったものです。

素直に喜んでくれていたので良かった☆ 今月の終わりには椎名林檎の10周年記念ライブ生林檎博08をさいたまに見に行く。

息子を誘ったんだけど都合が悪くて結局ひとりでおっちゃん頑張って観に行く事になった。周りで他に林檎嬢聴く人がいない

のでしょうがない・・・でも楽しみ。今週末15日(土)の深夜にはフジTVで東京事変のライブを放送します。フフフ・・・・・

11/18〜30日には友達のFちゃんが写真展を行います。界隈探訪アートシティーヨコハマ橋本浩美写真展です。美術手帖

増刊号の横浜トリエンナーレで撮りまくった写真を展示するみたいです。彼女と会うのは2年振りなので楽しみです。トーク

ショーがあるのでそれも楽しみ。友達のA氏と行く予定で彼とも2ヶ月ぶりくらいでそれも楽しみです。Fちゃんは息子の

通う学校の非常勤講師もしていていろいろとお世話になっています。雑誌で取材してもらった時にカメラマンの彼女と出会い

ました。興味のある方は是非観に行ってくださいね! 最後に大学生の友達の話。どんな奴が聴いているのかと思っていたエグザ

イルとかを好きだった大学生の友達がいて「へぇーっ」とか思って試しにエルレガーデンやマキシマムザホルモンや10-FEET

を薦めてみたら見事にハマってしまったみたい。特にエルレがお気に入りになったみたい。男女の友達何人かでドライブした

時にホルモンをかけたら全員にドン引きされたらしい・・・同じ体験を娘が前にした事を思い出した。一般的には受け入れら

れない人の方が多いだろうね。そんな彼Oくんには僕が曲をチョイスしたレッチリや林檎さん事変のCDをあげた。この前は

気分で選んでチョイスしたCDをあげた。LED ZEPPELIN、U2、POLICE、KINKS、ROONEY、JET、YES、AEROSMITH

ALISHA'S ATTIC、CARDIGANS、KATE BUSH、BEN FOLDS FIVE、JAMIROQUAI、JAPAN、はっびいえんど、キャプテ

ンストライダムなどをコピーしてあげた。彼はBEN FOLDS FIVEを気に入ってたみたいです。僕は音楽の好みを広げる事は

自我を少し広げるのに役立つんじゃないかと思っています。若い頃はこうでなきゃだめだみたいなこだわった聴き方をして

いたので余計に開放感が大きいのかもしれませんね。Oくんは林檎、事変、ハードロック系は今イチだったみたいです。

頑張ろうねOくん・・すんごく長〜いフリートークにおつき合いいただいてありがとうございました。

西武ライオンズ優勝に伴いジャケットとシャツをアメカジ通販で半額近くで買えました。ラッキー☆☆☆☆

2008*11*11/RICOW

アスファルトの道の上に黄緑色の小鳥が死んでいた。そのままだと車に轢かれてしまうので近くののところを掘って埋めた。

とても綺麗な鳥だ。種類はよくわからないけど、人間に飼われていて逃げ出したのかそれとも野生の鳥なのか? 眠っているように

静かに目を閉じている。周りには木がないのでここに舞い降りてきて力尽きたのか? 飛んでいて急に命が尽きるというのはないと

思うし体に傷一つない。よく不思議に思うのは・・・たとえば野良猫やカラス、鳩や雀たちはあんなに沢山いるのにあまりというか

ほとんど死骸を見た事がないって事。保健所の方で処理しているのでしょうか? 死期を迎えたら自ら死に場所に行って息絶える

のでしょうか・・・ではその死に場所というのは何処にあるのでしょうかね? 不思議です。

この前TVで「本当ととテキーラ」山田太一のドラマスペシャルを見た。良かったです。なんか久しぶりに「山田太一!」って

感じでした。そういえば倉本聡の「風のガーデン」も毎週放送されてます。懐かしい感じを受けるのは彼らがある意味変わってない

からなんでしょう。でも古臭くは感じません。「流星の絆」宮藤官九郎も面白いです。一人になってからドラマを見る機会が

増えました。ここんとこ急にめっきり寒くなってですね。あっという間にここからは過ぎていくので今年も後少しです。

2008*11*19/RICOW

↑公園の木々もだいぶ色付いてきました(上の2つの写真)。下の2つは横浜の銀杏並木。横浜に電車で来るのって・・・初めて・・?

たぶん2回目とか3回目とかだな・・なんか新鮮な感じ。何かあればいつも車で来ていた。Fちゃんにも2年ぶり位で再会した。

元気そうで良かった。写真展も大盛況のようで何よりでした! そして友達のA氏と中華街で飯。いろいろと話を聞いてくれて39!

彼が今1番のお気に入りだというCD「KITTY, DAISY & LEWIS」をもらった。彼いわくロカビリーど真ん中で新鮮でカッコイイ!

確かに15、18、20歳の若い兄弟がこんなモロ、ルーツミュージックのリズム&ブルースやカントリー、ブギウギを演るだけでも

凄いのに、この年齢であたかも今はじまったかの如く初々しくピュアに枠にハマらずにノビノビ演ってる感じは凄くイケてると思う。

でも、日本の若いバンド連中にこれを求めるのはオレはちと違うと思う。また熱き音楽談議は終わらない・・・へへへ

オリジナル、スタンダード、定番、オーソドックス、こだわり ー 変革、自由、ミックス、チャレンジ、アグレッシブ、ブレイク

スルー、どれをチョイスしてもOKなんだよ。継続を力にしていっても良いし、続ける事に価値など持たなくても良い。いつやめても

良いし、椎名林檎の言うように今まで演ってきた作品で一つでも気に入ってもらえたものがあれば、それで本望でありそれ以上は

望まないというのも作り手としての潔さというか根本というか謙虚で真摯な姿勢と言うか! だね。15日の東京事変のライブのTV

放送は寝てしまい観れませんでした・・でもユーチューブでそのライブの某都民ーBB.QUEENは観た。

前回の倉本聡で思い出したんだけど、高校時代の親しい友達で「前略おふくろ様」で完全にハマってしまい富良野まで行って

喫茶店で待ち伏せ?して倉本聡に会って自分が如何にファンであるかをアピールして結局知り合いになってしまった奴がいます。

1984年に放送された「昨日、悲別で」のドラマの中で確か主人公の男だったか女だったか? 女は確か石田えりだったと思うけど

その役の名字が「小沼」でそれは僕のその友達の名字をそのまま使ったものでした。確か奴はジュンやホタル(北の国から)にも

会ってるんだよね。いつだったかフリートークで沢山の有名人に遭遇する事が多いと書いたと思うけど、ホタル役の中島さんは

新大久保の改札で見かけた。山本リンダ、林家木久扇、三遊亭圓歌、横綱輪島、横綱大乃国、楳図かずおは3〜4回井の頭線の

車内や日本グラフィック展の会場で会ってる、岸本加世子、山本コータロー、村上龍も2回くらい会ってて少し話したり、元奥さん

がファンだったのでサインも貰った。亡くなっちゃったけど筑紫さんは赤坂TBS近くで、戸川純の妹で自殺しちゃった戸川京子は

荻窪で3回くらい見かけた。菅原文太はバスの中で2回会ってる・・フリートークでも書いたけどジーコにも遭遇。微笑んで話しか

けてくれた。フュージョンギターリストのラリー・カールトン、グレート義太夫、ダンカン、小室等夫妻、これまた亡くなったけ

ど景山民生はねじめ正一さんの直木賞受賞パーティーでお会いした。いちご白書をもう一度(ユーミン)のバンバンのギターを

弾いてた人は28年前に元奥さんと吉祥寺のファンキーで飲んでいたら隣で女の人と飲んでいた(古い話なので知らない人の方が

多いでしょうね) 欽ちゃんの良い子悪い子ーのヨシオはエレベーターの中で、ワルオは道で2回すれ違った事があり2回ともがん

飛ばされて睨まれた(笑) 僕が洗車してる時にフと顔を上げたらそこにダチョウ倶楽部のリーダーが立っていて、犬を散歩させ

ながらボーッとこっちを見ていた事は3回ある(これは近所に住んでたので確率は高い) 80年代にインディーズで「くじら」という

3ピースのバンドがいて一時期、日本のポリスなどと言われ僕もハマってよくライブを観に行った。歌手の 太田裕美もファンらし

くよく来ていました。確か髪を短くして立てていたと思う。ニューウェーブとかの頃。そのくじらのボーカルだった杉林さんと

地下鉄の赤坂見附のホームですれ違い確か声かけさせてもらって話した。今、気になってネットで調べてみたらまだ活動している

みたいです! 凄い☆ 良いなあ! うん☆ そう、途中メジャーデビューしたんだよな。 ー続きー 歯医者さんのドアを開けたら

いきなり真正面に安岡力也が座ってこっちを睨んでいました。「なんで?」めざといんです。先週は細川茂樹新宿で見かけた。

あっ・・それからわかりました! TVでやってたけど例のリフティング。リフティング選手権ていうのがあるんですね。日本人は

決勝までいったんだけどフランス人に敗れて準優勝でした。世界大会がブラジルで開催されて審査員にダ−ビッツとかがいました。

W杯最終予選アウェイのカタール戦は3-0で勝点3を獲得しました。素晴らしいゲームでした。こういう試合が出来ると良いん

だけどねぇ・・・・遭遇した有名人、また思い出したら書きます・・・・隣でサッカーを観てた谷隼人・・・・思い出すの速

2008*11*24/RICOW

地下鉄の中で蚊に刺された。しかも2箇所。指の間で絶対に刺されたくないとこだ・・・何故かとても蚊に刺されやすい体質の

ようだ。同じ場所にいても他の何人かは刺されなくて自分だけいつも刺される。その地下鉄は丸ノ内線なんだけど前にも真冬に

丸ノ内線で刺された事がある。「蚊」よ! 真冬まで生きてて人の血を吸ってうれしいか? ゴキブリもそうだけどそこまでして

生き延びて種を守っていくDNAって何だ? そんなに種を絶やさない事が大事か? そんなに長く生きてこの世界の何を見極めようと

いうのか? 何をその目に焼きつけようとするのか? 少しくらい血を分けてあげたってそりゃぁ構わないさ。でもかゆみまで

置いていく事ないだろう! 否否それどころじゃないんすよ! こっちだって本能に書込まれた行動基盤に従ってるだけだから・・

パチンと潰されるかもしれないリスクを背負いながらも血を吸いに行かざるをえない性をお許しあれ。・・・・・・・・・・

生物は他の生き物の犠牲の上に、初めて生きる事が成り立っているというのは仕方がない事ですよ。そうですか、じゃあ遠慮

なく頂きます。ブチ、チュ−ッ・・プハァ−ッ・・うめぇ〜っ! ウィッ・・・酔っぱらっちゃったぜぃ・・ごちそうさま

2008*11*25/RICOW

椎名林檎の10周年記念ライブ生林檎博08行ってきました。という訳で「さいたまスーパーアリーナ*レポート!」お届けします。

ジョン・レノンミュージアムも観覧しようと思い早めに到着。そうしたらスーパーアリーナ周辺に長蛇の列が出来ていて?

おそらく何千人単位で人がグルグルと並んでいた。近くに来てみるとそれは椎名林檎グッズを手に入れようというファンの

行列でした。その横をすり抜けてジョン・レノンミュージアムに入館しましたがその話は後にします。

↑上の写真は左上からライブのお土産です。フラッグはライブの時に皆が振っていました。東京事変もフラッグがありますね。

お約束のようですね。右上はミュージアムチケットと何故かチケットといっしょに貰ったリバプールの観光ガイドブック。

左下はジョンが一番最初に弾いていたリッケンバッカ−325。右下はサージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハ−ツ・クラブ

バンドの頃の衣装などです。で、メインアリーナのゲートを入ると右側にズラーッと花輪が並んでいました。10周年という事で

凄い数でした。気になったのは「バナナマン」の花輪。確かバナナマンも椎名林檎もお互いに大ファン同士なんだよね。

で、何やら煙っている感じなんです、入口のところからすでに。アリーナのに入ってみると会場全体がスモークで煙っていまし

た。けっこう広いですね。東京ドームよりは小さいけど武道館よりは大きい感じ。何分か前には席に着いた。会場ではレッチリの

「STADIUM ARCADIUM」のアルバムがズーッとかかっていて気分が盛り上がってくる。けっこう良い席でステージの横の位置だけど

近い。奥に小さめのステージがあってその前にドカンとがあいたように低いステージがセットされている。奥の小さいステージから

真ん中の穴のステージを囲むように花道が作られていて左右からアリーナの最前列の前に行けるようになっている。

開演時間になると何やら普通のライブとは違い白衣をまとった人達がズラズラと真ん中の穴のステージに現れてチューニング

始めた。クラシックコンサートのようにフルオーケストラのようです。斉藤ネコさんが登場して指揮を始めると1曲目のハツコイ

娼女が演奏され録音されている林檎さんのボーカルが流れ、盛り上がりはじめた頃に生の声が重なって椎名林檎登場となりました。

鹿の角のようなものを冠り何か貫禄というか近くの誰かが美空ひばりみたい! と言ってたけどイメージしていたロックコンサート

というよりはリサイタルとか歌謡ショーとかいう感じに思えました。ひとり紅白歌合戦って感じ。そして奥の小さいステージには

ベース、ドラム、ギターの3人が唯一バンドの音を出している。ベースはやはり師匠の亀田誠治でした。斉藤ネコとマタタビオーケ

ストラとのライブというのは知っているけどオーケストラ+バンドというのは初めてのようです。本人も言っていたけど生涯最高の

沢山のようです。演奏家人数、バックダンサー、観客人数すべてが。さすが10周年。演出も良かったです。奥の小さいステージは

回転出来るようになっていて、いろいろ「オーッ」という感じの場面がありました。東京事変も含めてこういう演出を毎回していま

すね。衣装替えやバックダンサーとの踊りや落ちたり上がったり、大人数のある人達がステージへ登場したりと大掛かりのステージ

でした。衣装替えの時にナレーション入りで椎名林檎ヒストリーをやったり、彼女の息子のナレーションで(たぶん7〜8歳)半生を

紹介したりと特別なイベントになっていました。ほとんどMCなしで2時間弱を20曲以上演奏して、その多様でひとつの枠に収まり

きれない楽曲の数々にお腹いっぱいな感じでした。お兄さんの椎名純平も登場して2曲デュエットしてました。まさしく熱唱でした

ソロの初期と東京事変の第2期や今とは歌い方が変わりましたね。個人的にはバンドの音がやはり好きなので全曲にオーケストラ

が絡むのは「う〜む」という感じです。でも多才さとは凄いです。ロックでありパンクでありムード歌謡でありクラシック、

ジャズ、ポップスいろんな要素が混在しています。大人になって綺麗な感じでした。他の事変のメンバーは登場しませんでした。

今度はいつか事変ライブ行かなきゃだな・・・このライブはDVD化される事が決定したそうです。来年3月発売のようです!

見る度にの印象が違うのも凄い。島谷ひとみもそうですね。たぶん六つ子かなんかでジャズっぽい長女とかポップな末っ子

とか、包丁を手にしてた三女とかナースルックの四女、どSな二女やどMな五女とか。椎名林檎六つ子説。おそ松くんかっ!

大学生の友達のOくんも芸能ニュースで林檎ライブの模様を見たらしいです。何度か聴いていくうちにツェッペリンカッコイイ

ですね。レッチリも良いです。林檎さんのあの曲好きなんです。とか言うようになってきて変化してきた。良い事だ

最近出たDVDの写真を見て「きれいです」と言っていたOくんはその芸能ニュースを見た時に全然顔が違うのでびっくりして

いた。「別人です」・・だってDVDの彼女は二女です。芸能ニュースの彼女は長女です! ライブで楽しい時間を過ごせました★

ジョン・レノンミュージアムは約2時間近くゆっくりと観てまわりました。リバプールのジョンの家の周辺がジオラマのような

模型で展示されていて、彼の家からストロベリーフィールズへはここを通って行けるみたいな感じで上から俯瞰で見れる。

ジョンの家の玄関のところに作られたギターを弾いても良い小さいスペースのダミーが作られていて、ここでポールとギターの

練習をしたらしい。狭い空間で2人がギターを弾いていたのを想像してみた。たぶんを突き合すような感じだったんだろう。

ジョンは子供の頃に手作りの雑誌を作っていたり、イラストや落書きもとてもがあって興味深かったです。

僕が知っているジョン・レノンのほとんどがここにはありました。最後の部屋の沢山の言葉を読み終えてからショップを

覗いてラウンジへ行ってみました。チケットがあれば無料で利用出来ます。本を借りて読んだり、DVDを観たりCDを聴いたり

出来ます。100円を受付で払って紙コップを貰いソフトドリンクも飲めます。アイスティーを飲みながらリバプールの選手の

写真雑誌を見ました。ジェラードやフェルナンド・トーレス。モニターにはリバプールの歴史や観光スポット、代表する

ビートルズやサッカーの紹介みたいな映像を流していた。良かったです。じっくりと時間をかけて観れるのでお薦めです!

2008*12*03/RICOW

先週の木曜日にある建物のエレベーターの床で左上↑のクリップで出来たクリスマスツリーを拾った。そして2日後の土曜日には真ん中上↑

クリップで出来たカボチャ? リンゴ? を同じ建物の廊下で拾った。↑右上のお馬さんは今年の夏頃に拾ってフリートークでもお見せしましたが・・

なぜ? 落ちているのでしょう。しかも、なぜ僕が拾うのでしょう・・っていうかなぜ僕が見つけるのでしょうか? 不思議です。良く出来てるので

思わず持って帰るのですが・・「ナニカ」におびき寄せられているのでしょうか。最後には見た事もない最高のクリップアートが落ちているのを

見つけて拾おうとした瞬間に「パクッ」って食べられちゃって「じ・えんど」なんてね。それとも「ナニカ」からの贈物なんでしょうか

偶然なのでしょうが、それが重なると想像力は「モコモコ」と動き出します

先日、友達と「レバノン料理」を食べに行きました。思ったよりはクセもなく美味しかったです。香草やオリーブオイルを使ったものやビーンズ

をすりつぶしたパテ、シシカバブなど「グ−」でした。ビールもクセがなく普通に飲みやすかったし、ナツメヤシのデザートは最高でしたよ。

HONDAはF1を撤退してしまったけど、とても迅速で勇気のいる判断だったんじゃないか? とか綾瀬はるかってどう思う? 可愛くてすんごく癒さ

れる。彼女のうさぎの物まねが最高だよ! わぁ〜見たいなぁ・・とか、真木よう子が結婚したねぇ。ホームページやブログもなくプライベイト

知られていなかったりってのが良いんだろうね。めいたとこがある・・・・んなような話を沢山して楽しかった

それから「K1」凄かったです。久々に「凄いもの」見ました。「バダハリ」です! 物凄いポテンシャルです。僕としてはボクシングの「ハメド

以来の驚きです。それだけに最後の決勝での反則レッドカード負けは、すんごく残念でならないです。あれがなくてレミ−のパーフェクト防御

をバダハリが撃ち破れたのかどうか、それともレミ−がどん底から這い上がってパーフェクトに優勝したのか? 最後まで見てみたかった

2008*12*08/RICOW

下のグリーンのりんごのクリップを見てください。先週の土曜日にまたまたまた見つけて拾いました! 形は先々週の土曜日に拾った

黄色いりんごのクリップとまったくいっしょだ。謎は深まるばかりだけど今回見つけたのはソファーの上だったので誰が作ってるのか

もしかしたら近付けるかもしれない。この話は3人の友達にしていたんだけど3人とも しょうがないなぁ・・・というをしながらも

クリップに関しては良く出来てると言っていた。4人目の友達にグリーンのりんごクリップを見せたところ「よく売ってますよね、これ」

「えっ・・・」なんと・・あっけなくは解けてしまった。「文房具屋とかで売ってるの?」「たぶん」「・・・・」結局ただメザトイ

だけで、尚かつ無駄な想像力を持ち合わせた自分を発見しただけに終わってしまった・・・・でもに捨てたり落としたりする事ないだろ!

それでも僕は今後もクリップを拾い続けるんでしょうね。だってこんなのが落ちてたらうれしいもんね。見つけちゃうんだから仕方ない。

クラブワールドカップはガンバ大阪がアデレードを1-0で敗ってマンチェスター・ユナイテッドと準決勝を戦います。アデレードには

これでアジアCLも含めて3試合連続で勝利しました。しかも失点0は素晴らしいです! リーガエスパニョ−ラはクラシコ! バルセロナvs

レアルマドリードが行われ2-0でホームのバルサが勝利した。エト−とメッシのゴールで絶好調のバルセロナ。CLはベスト16が決定です。

2008*12*15/RICOW

 

 

マンUが優勝しました。C・ロナウドは生で観た時は本当に異常なスピードで・・バロンド−ルも獲得したし、今の世界NO.1のひとりですね

もうひとりはメッシ! ルーニ−はフィジカルだけでなくホント上手いんです。テクニックとセンスが凄い。メンタルも強い。

ガンバ戦ではギグス、スコールズ、ガ−リ−・ネビルのベテラン勢がスタメンでした! ギグスはやはり正確なキックでアシストして活躍し

てました。ガンバも良かったですね。マンUの5-3は仕方ないとしても3位決定戦のバチューカに1-0で勝ったのは素晴らしいです。

CL決勝トーナメント1回戦は凄いカードばかりです。マンU-インテル/ローマ-アーセナル/バルセロナ-リヨン/レアルM-リバプール

チェルシー-ユベントスetc Dベッカムが2ヶ月間のレンタル移籍でACミランに入りますね? カカがいてロナウジーニョがいてピルロが

いてパト、シェフチェンコ、インザ−ギ、セードルフがいてベッカムだって・・・ビッグチームはほとんど反則に近い気がする・・・

マンUもそうだけど国内リーグ戦、カップ戦、CLだけでも3つの大会を戦い勝ち抜いていくには最低でも2チーム分のタレントを揃えないと

目標に近づけないという事ですね。逆にいうとタレントが限られているビッグでないチームが結果を出した時にはその価値と評価が絶賛

されるという事にもなります。ガンバの選手にオファーがくる可能性もあるという事です。

2008*12*22/RICOW

イラストレーションファイル・キャラクターのデータの返却の際に編集長の片桐淳一氏がイラストレーション/172号をもって退任された

事を知りました。1979年創刊以来30年の編集部在籍、1985年から編集長をされてきました。15〜6年前くらいに仕事作品を掲載して

いただいた時に何度かお会いする機会がありました。長い間、お疲れ様でした★

先週、すべらない話しゴールデンがありました。半分寝ながら見ました。しかし、参加する芸人さんが多すぎて1人1回か2回くらいしか

聞けないのが「ん〜む・・」だし・・・なんだか、すべらない話し好きの芸能人が集まって感想を述べたりするのも「ん〜む・・」だ。

その時間をもっとすべらない話しにあててほしい! というわけで僕はゴールデンじゃない深夜のすべらない話しが好きです。

義兄のブログでシカゴのシャンバーグで撮った写真を載せてくれているので是非興味のある方はご覧ください。尚、flashのページでも

シカゴで撮った写真のスライドムービー・サウンドクリップが見れますので是非★ 今年も1年ありがとうございました。良いお年を!

2008*12*29/RICOW